Personnage

Personnage

  • 0

零式天獄1層、隕石誤爆の謎

Public
ずっと不思議だったことがある。
野良でたまに見かける、ミールストームのところの隕石誤爆はなぜ起こるのか。
せっかくサイコロを越えたのに勿体なさすぎて。゚(゚´Д`゚)゚。
頭にハテナが浮かびつつも次のPTを探すだけなので深く考えたことがなかった。

もちろんサンダーボルト誘導の立ち位置がズレているからなのは分かる。
しかしどうしてそこに立つに至ったのだろうか、と。

game8の図解を初めて確認したのだが、そこで腑に落ちた。
(マクロを拝借するだけだったので図解を見たことがなくて)
そのくらいの立ち位置をお手本にしてしまうとほんのちょっとズレるだけで岩に当たるのだろう、という程度には、サンダーボルトの誘導位置が内側に見える。本当にきっちりしっかり真心ラインに立たない限り、安定しないのも無理もないのかなーと。
実際のところはどうなのか分からないけれど、私の中ではストンときた。

真心ラインに立つだけゆえに解説が乏しいというか…
その実「正確な位置が示されていない自分のタゲサの中心を、真心ラインに乗せる」
なんて言うほど簡単じゃないだろうし
それなら出来る限り精度を上げられる位置に立った方がいいので、真心ライン上でミールストーム付近に立つのが安全だ。
図示するならコレ。

扇誘導はボスから近い4名対象、ということで近付きたくなるのかもしれないが、毒担当はタゲサの外にいるはずなので気にせずとも良いだろう。


これはどうして内側過ぎるとダメなのか極端な比較例。
中心(発生源)から近い位置と遠い位置に立つとして、そのどちらも真心ラインから同じ距離だけズレていたとする。しかしその誘導先は大違いだ。

こういう、一点から放射状に発生するタイプのノックバックや扇誘導は、中心(発生源)に近い程ほんの少し立ち位置が違うだけで大きなズレを生む。
例えば絶テマのタコのホールインワン、天獄2の尖脚、辺獄4劇場創造の水などなど。
それらも立ち位置の目安にするのはタゲサやエフェクトの円くらいの距離で、相応に中心から離れて処理するようにしていたはず。それより近いと微妙な調整が難しくてとんでもない角度がついて飛んで行ったりするわけだ。


トレースすると言っても、本当に同じに動けているとは限らない。
私などはギミックの仕組みを理解していないと頭に入らない時もあるし、ただ真似るだけで済むようなものもあったりとまちまちだ。
トレースしているつもりで事故るならそれなりの理由があって、その時に、どうしてそういう処理法になるのか、そもそものギミックの仕組みを考え見直すのは大事だよなあと、自戒を込めて。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles