Personnage

Personnage

Pito Pon-de-ring

Atomos (Elemental)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 2

星唄異聞やりました

Public
この日記はネタバレを含みます



こちらの画像はイベント中に出会ったお薬キメたフレさんです。
頭の髪飾りがキュートでした☆彡



自分はFFXIプレーヤーでした。
今回のイベントは2015年2017年に行われた らしい ですが
自分にとっては初めての経験。非常に楽しめました。

まずFATE中の音楽!FF11のフィールドソロバトル音楽!
サルタでカニや芋虫と戯れていた日々を思い出しウルっときました。

で、FATEの設定。こちらは最初のコスタ・デル・ソル付近のものですが、ロバークラブですか。。
テリガンやボヤを思い出しますね!
砂丘で叩いたのはスニッパーだね!などと突っ込みをいれているうちに終了~


次のFATEはハウケタの庭でデーモン。
うーん。ズヴァ城前でデーモン狩りをしたのはだいぶ初期勢だと思うのですよ。
そもそもテレポできる白を捕まえて全員テレポできる確認をしてとなると結構面倒だし。
自分は1回しかやりませんでした。(そしてテレポを覚えているか聞かれた)
レベル帯的には流砂でカブトやアリが後々主流になったイメージですね。


次は、南ザナラーンの砂漠でFATEでしたが、笑ったのがこちらのセリフ。
えぇ、自分もセルケトさんは噂にしか聞いたことがなく会ったことがありませんね。
いつも暗くお化けうようよの要塞地下に出現するはずなので、
場所のイメージはかなり違いました。


ところでこうして3つのFATEで集めた3つの石。
クノ石の欠片などとあるからggったら過去ミッションで集めた方の魔晶石なんですね。
師匠の記憶を見ることができるってあたりで獣人3か所の魔晶石なのはすぐに思い出せたのですが、
細かいところはダメダメでした。

4つ目のFATEで初期3国ミッション共通のボスwを倒してバトルは終了~。
なお、パーティを組んでもバトル音楽が変わることはありませんでした。ちょっと残念。

締めのイベントでは懐かしいメンバーが次々にでてきました。
お前もでるんかーーーと叫びたくなったのがこちらの左のお方ですw
そういえばMaat帽持ってない。


クエスト終了報酬のところにでてきたシャントット様に最後まで愛を感じました。



そして、多数のFF11プレイヤーが思ったことでしょうが、師匠代行じゃないからな!師匠だからな!
まぁミッション終わらせてないから師匠になりきってないだろってことなら仕方ない。

いずれにしても懐かしい気持ちいっぱいでとても楽しめました。
運営の皆さま、復刻イベントありがとうございます!
Commentaires (2)

Hepon Wizardry

Atomos (Elemental)

FATE中の音楽、FF11のバトル曲なんですか!?
わぁ…それは…いいですね…!
わたしはFF11時代のフレンドと最近こちらに来たばかりなのですが、
この書き込みを拝見して、このイベントは絶対やっておこうと思いました!

Pito Pon-de-ring

Atomos (Elemental)

Heponさん、はじめまして。
自分はFF11は本当ご無沙汰で無料期間にちょっとログインしてLSメンバーと話して落ちるので
とても懐かしくなりました。FATE終了時の効果音もポイントでした。是非やってみてください
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles