Personnage

Personnage

Kocko Emperor

Asura (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

高難易度コンテンツへの挑み方

Public
真夏の暑さに項垂れる日々が続き、蝉ももしかしたら暑くて泣き叫んでるだけなんじゃなかろうかと思わせるような気温が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

蝉さん、木にエアコン付けよう。



ということで、今回のお題は「高難易度コンテンツへ挑む時に知るべきこと」です。

pacth5.25も終わりに差し掛かり、5.3まで一週間を切りました。

5.3では極や幻が追加される予定となっており、これを機に高難易度コンテンツへ挑戦したいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、どう挑戦したら良いのか分からない、適当に申請していいの?など、様々な疑問が湧くことでしょう。

端的に言って、ギミックや火力以前に、守るべきマナーやルールというものがあります。

それはRFで申請するにしても、PT募集に入るにしても同じです。

また、これらのルールは何も初心者を脚切りするためのものではなく、PTメンバーがお互いに気持ちよく攻略するためのもの。

あなたが、攻略において嫌な気持ちになりたくない、もしくは、誰かを不快にさせてまで練習したくない、と思ってくれるのであれば、後述するマナーやルールはなるべく守りましょう。

では、本題へ行きます。



目次
```
1 - ジョブ固有の特徴を把握する
2 - スキル回しの練習をする
3 - マクロの見方を覚える
4 - 装備を整える
5 - 飯、薬を用意する
6 - 募集の見方を覚える
7 - まとめ
```

これらを項目ごとに細かく解説していきますが、ものによっては解説が長くなります。

詳細な解説を見なくても、これからやることが分かったという方はそのまま準備に取り掛かりましょう。

もしくは、身の回りにいる先輩に聞いたりするのも良いですね。

FF14は教えたがりな可愛い先輩が多いので、きっと親身になってくれると思います。

また、そういう先輩がいないという方は、不明な点があればコメント欄にどうぞ。

日記下部にtwitterのリンクも張ってあるので、そちらでも質問や要望など受け付けています。



1 - ジョブ固有の特徴を把握する

高難易度コンテンツにおいて、使えるものは全て使うというのは基本です。

何の役に立たないスキルというのはほとんどありません。

ですが、どんなに強力なスキルも、使い時を選ばないと効果を発揮しきれません。

本項では「自分のジョブの強みを知り、それを発揮するタイミングを知る事の大事さ」を話していきます。


例えば、火力を出す事に特化したロールであるDPS。

このDPSにも、よく見ると意外と補助系のスキルが搭載されています。

有名所で行くと蘇生持ちのキャスター。

火力を出す一方で、倒れた味方を蘇生することが出来るという優秀なジョブです。

しかし、ここでもちゃんとその強みを発揮するタイミングを考えておかなければなりません。

結論から言うと、ヒーラーが蘇生出来るほど余裕がない状況で蘇生をするのがベストです。

回復に手一杯でMPが無かったり、そもそも蘇生スキルを撃てるタイミングじゃなかったり。

これは、そのコンテンツが実装されてから時間が経つほど無くなっていくものですが、実装直後や不慣れが多い場合の攻略においてよく見る現象です。

特に、コンテンツ実装初期は皆が不慣れなため、バンバン人が倒れていく事でしょう。

そういう時、蘇生を手伝ってくれるDPSというのは、ヒーラーからしたらとても頼もしい存在です。

コンテンツの攻略が進むにつれて、ギミックミスや回復不足による死人というのは減ります。

こうなってくると、ヒーラーも回復と蘇生を両立出来るようになっているはずなので、DPSが手伝う必要はありません。

むしろ、蘇生をするために魔法一回分ロスすることによって、火力に影響を及ぼす事もあります。

残り0.1%での時間切れを見て「あぁ、あの蘇生を攻撃にしていれば・・・」なんてこともたまにあります。

何でもかんでも蘇生するのではなく、今自分が蘇生するべき状況なのかを考えましょう。


もう一つ、言及しておきたいのが範囲軽減持ちのレンジです。

機工士のタクティシャン、詩人のトルバ、踊り子の守りのサンバ。

これらはどれも「一定範囲内の味方が受けるダメージを軽減する」という効果を持っています。

これが生死を分けることはよくあります。

基本的には全体攻撃の直前に入れておくのがベターでしょう。

とりあえず使っておけば、必ずヒーラーの負担軽減になるので、忘れず使っていきましょうね。



その他、牽制やアドルなどの敵弱体化スキル、内丹やブラッドバスなどの自己回復、詩人のピーアンなど、状況へ対応するための有用なスキルが沢山あります。

また、今回はDPSで主に話を進めましたが、タンクとヒーラーも同様に、自身が使えるスキルとその効力を最大限発揮できるタイミングを把握しておきましょう。



2 - スキル回しの練習をする

先程よりもジョブに依存する話題です。

ジョブ毎に、レイド向け(単体の敵向け)のスキル回しがあります。

「<ジョブ名> <現在のバージョン> スキル回し」と調べれば、大抵最強のスキル回しが出てくるでしょう。

注意するべき事は、調べて出てくるスキル回しというのは、そのジョブの最高火力を出すためのスキル回しであることが多いです。

そのため、結構難易度高いです。

しかし、それを出来るようにならないといけません。

特に、実装された直後のコンテンツは火力がかなりシビアで、スキル回しが出来ていない人が一人混ざると時間内にHPを削り切ることが出来ない場合も多々あります。

火力というのは出せれば出せるだけ良いものなので、練習は怠ること無く、ギミックを処理しながら理想のスキル回しを成立させられるよう、鍛錬あるのみです。

また、どのくらい練習したらいいの?という話でもありません。

出来る限り練習したほうがいいです。

中途半端に根付いた程度のスキル回しは、イレギュラーが起きた時に簡単に崩れ去ります。

そういった、予期していない状況に陥った時に、どれだけ火力を安定して出せるかというのが重要です。

また、安定させるためには、とにかくスキル回しを体に馴染ませ、何も考えなくても基本的なスキル回しを出来るのが理想です。


自分が使うスキル回しを調べたら、それを見ながら木人を殴るのが良いでしょう。

木人は、庭具としてハウスに設置することも出来ますし、ハウスを持っていなくてもフィールドに配置されているものを使うのもいいでしょう。

隣家の庭に木人があれば使っても良いかもしれません。

また、ユールモアを出た所に、高難易度コンテンツ仕様の木人戦を出来るNPCがいたりもするので、積極的に活用していきましょう。

木人である程度スキル回しに慣れたら、IDのボス戦でそのスキル回しを意識しながらプレイすると良いと思います。

ボス毎に色々とギミックがあり、それを処理しながら覚えたスキル回しを崩さないように練習するのです。

また、一通り出来るようになったら、実際に実装済みの極や零式に挑戦してみても良いかもしれません。



3 - マクロの見方を覚える

マクロというのは、厳密には「散開マクロ」といいます。

要は「ギミック毎に、あなたはここへ行ってギミック処理をしてください」というのが記載された図の事です。

コンテンツ毎に、PTメンバー全員で対応しないといけないギミックが出てきます。

例えば『同じ場所に居てはいけないギミック』があったとします。

この時、メンバーが適当にバラければ良いのですが、現実はそうは上手くいきません。

気を使ってなるべく遠くに逃げたら、同じことを考えた人が同じ所に逃げ込んでいたり。

逆に、重なってる人が動くだろうと思って移動しなかったらその人も移動しなかったり。

こういう事故を防ぐために、ギミックに対して誰がどこへ逃げるべきかというのを定義するのが散開マクロです。

例として、極ルビーウェポンのマクロを使って説明をします。

```
《リクェファクション:北基準》
     MT 
   D3   D4
  D1     D2
   H1   H2
     ST
☆:クローマイン時は時計回り
《クロースラッシュ:ボス基準》
   D1   D2
  H1     H2
  D3     D4
   MT   ST
・隕石捨て北から時計回り
・コメットMT南西/ST北東
```

色々と書いてありますね。

リクェファクションやクローマインなどの、コンテンツに依存した単語については割愛します。

重要なのは、MT、ST、D1、D2、D3、D4、H1、H2というやつです。

MTはメインタンク、STはサブタンクの事です。

D1~D4はDPSのことですが、数字に意味はありません。

H1、H2はヒーラーの事であり、DPSと同様数字に意味はないです。

これらの識別番号を、PTメンバー8人全員に割り振っていきます。

割り振り方は、原則としては先に宣言した人がそのポジションに行きます。

大抵、コンテンツが始まると誰かが散開マクロをPTチャットで流すので、それを見たら行きたいポジションを宣言する形になります。

例えば、D1に行きたければ一言「D1」と発言すればそれで割り当て完了です。

それだけ。

なのですが、この割当にもマナーがあるのです。

これ、よくトラブルや遺恨の種になるので、よく注意してください。


まず、タンクからです。

タンクは二人いて、どちらがMT、STになるかは、そのジョブの適正次第で決まります。

例えば、ナイトは柔らかいですがサポートに秀でているので、ST適正が高いです。

MTをやらせてしまうと、柔らかくてヒーラーの負担が爆増する上に、得意のサポートを行うことも出来ません。

逆に、暗黒騎士は防御性能が高いため、MT適正が高いです。

STをやらせてしまうと、せっかく高水準の防御性能を持っているのに持て余すことになります。

これらの話を踏まえ、MT、STになる優先度は以下のとおりです。

MT > 暗黒騎士 > 戦士 >= ガンブレ > ナイト > ST

もちろん、例えば戦士を使っていて、暗黒がいるけどどうしてもMTを練習したいということであれば、積極的に相談してみましょう。



次にヒーラーです。

H1、H2という割当がありますが、基本的にH1がピュアヒーラー、H2がバリアヒーラーです。

ピュアかバリアかで役割が違いますし、マクロによっては、それぞれが仕事をしやすいように配置されている場合も多々あります。

なので、H1にバリアで入ったり、H2にピュアで入るのは構いませんが、自分ともう一人のヒーラーを苦しめるだけの事が多いので、出来るだけ自分のジョブに沿った散開位置に入るようにしましょう。



次はDPSです。

基本的に、D1とD2はメレー、D3がレンジ、D4がキャスターとなります。

メレー2人がD1とD2、どちらに行くべきかは、その人の練度やジョブによるので相談して決めましょう。

まぁ、適当にやりたい所とか慣れてる方で宣言すればいいと思います。

(昔はジョブの相性があったのですが、今は無いので、ジョブ毎のD1、D2への適正というのはないです)

しかし、DPSというのは種類が多く、たまにロールバランスが崩れている場合があります。

キャスターが二人いる、や、レンジが三人いる、など。

そういう時のために、各散開位置への適正を覚えておきましょう。

D1:メレー > キャス > レンジ
D2:メレー > キャス > レンジ
D3:レンジ > キャス > メレー
D4:キャス > レンジ > メレー


基本的に、D1、D2はボスに張り付いたまま動かなくていい位置であることが多いので、メレーが欠けていてキャスが多い場合は、その位置にキャスが入ることが多いです。

D3はレンジ固定、D4はキャス固定ですね。

D3とD4は遠距離に配置されることが多いので、メレー過多でも無い限り、メレーがその位置に行くことはないでしょう。



さて、以上でマクロに関する事は終わりです。

基本、割当に関しては先に宣言したもの勝ちです。

なので、宣言した時に既に同じ場所を宣言していた人がいる場合、自分が変えるようにしましょう。

どうしてもそこがやりたいということであれば、きちんとチャットで相談して決めましょう。



4 - 装備を整える

まず、武器です。

武器は可能な限り最高のILのものを使用しましょう。

ただし、最高ILの武器を入手しようと思ったら、零式や極を周回しないといけません。

そこまでは無理だという場合、トークン武器などもあるので、適宜自分が作れる最高の状態を作るようにしてください。

こういうのは、クリア出来るかどうかというのもありますが、クリア出来なかった時にいの一番にやり玉に挙げられないようにするための自衛でもあります。

装備というのは見ればすぐに分かるもので、誰も死んでないのにクリア出来ないとかいう状況になった時、皆真っ先に他人の装備を見ます。

その時、変に疎まれないようにするためにも、自分のために装備は整えておくようにしてください。



次に防具です。

防具は武器よりもシビアにILを高めていかないといけません。

防具が貧弱だと、敵の全体攻撃で自分一人だけ死んだりします。

また、ヒーラーの負担も如実に上がります。

そうならないために、防具も可能な限りILを高めて望むようにしましょう。

部位が多いため、揃えるのに時間と手間がかかりますが、一度揃えてしまえばある程度の期間使い続けられるので、先行投資という意味でも防具は整えておいて損はないです。



さて、ここまでで武器と防具を整えることの大事さについて話をしました。

ですが、揃えて終わりではありません。

武器や防具には、マテリアというものをはめることができます。

これが何かというと、サブステータスという能力を上昇させる事が出来るアイテムです。

サブステータスというものは色々あり、例えばダイレクトヒット、クリティカルヒットは、自分が行った攻撃に追加ダメージなどのボーナスダメージを発生させる確率を上げてくれます。

スキルスピードやスペルスピードは、自身の攻撃間隔を早めてくれます。

など、こういった、自身の戦闘能力を向上させるステータスの事をサブステータスと呼び、マテリアによって更に底上げすることが出来ます。

どの防具に何のマテリアをはめるべきかはジョブや防具次第なのでここでは割愛させていただきます。

理想的な武器、防具は、調べれば出てくると思います。

自分が良く利用させていただいているサイトを貼っておくので、参考にしてみてください。
http://www.eorzean.info/archives/cat_115918.html



5 - 飯、薬を用意する

武器、防具を揃え、自分の火力、防御力を高めた所で、それを更にもう一歩だけ伸ばす方法があります。

それが、飯と薬です。

飯は、基本的に最大HPを上げてくれるので、食べておけばその分だけ死にづらくなります。

また、ものによって一部のサブステータスを上昇させてくれるので、自分のジョブに合った飯を食べるようにしましょう。

上で貼ったサイトの方でも、ジョブと装備合わせた飯を紹介してくれているので、そちらも参考にしてみてください。


薬は、自身のメインパラメータを上昇させます。

STRやINTなどを上昇させてくれますが、リキャストタイムが長いので、戦闘中のここぞという時に使用することになります。

よくあるのは、PTのシナジーを合わせて全員が一斉にバーストするタイミングとかですね。

開幕とか。

薬は、使用時の硬直が長いこともあり、薬を使うためのスキル回しというのもあるので、そちらも調べてみてください。



また、飯は攻略において必ず使ってください。

消耗品であり、調達するには作るか、作ってもらうか、買うしかありません。

コストが大きいですが、これが無いと、それこそ全体攻撃で一人死んだり、飯食べてるか確認された時に言い逃れが出来なくなります。

というか、クリアのためには必要になる準備なので、準備出来ないまま挑戦するのは時期尚早と言えます。

高難易度コンテンツは定期的に追加されますし、焦らなくていいと思うので、まずは挑戦するための環境を整えましょう。


薬ですが、こちらは飯ほど必須ではありません。

効果は確実にありますが、飯よりも消費頻度が高く、また、最新の薬は作るにもかなりコストがかかるため、クリア出来そうな時に使うのがいいでしょう。

よくある会話として、時間切れを見れた時に「次から薬割りましょう」とかPTチャットで言われたりすることがあると思うので、そうなったら積極的に使用してきます。

むしろ、そういう発言があるということは「薬割ればクリアできそうですね」という意味としても捉えることが出来ます。

クリアするために、出し惜しみすること無く割っていくのがいいでしょう。



6 - 募集の見方を覚える

PT募集から参加するのであれば、PT詳細に記述されている内容を読めなければなりません。


まず、そのPTがどのフェーズから練習を始めるかです。

それを示す言葉として【最初から、~から練習、クリ目、周回】などがあります。

最初からという表記に関しては、言うまでも無くコンテンツの最初から練習するPTです。

大抵、初見の人やサブジョブ練習の人が入ってくるPTですね。

~から練習は、そのコンテンツの特定のギミックやフェーズ以降を練習しますという表記です。

なので、その特定のギミックやフェーズまでミスをしないレベルの練度の人が求められており、そこまでのギミックが安定していない人や慣れていない人は入らないようにしましょう。

クリ目は、クリア目的の略です。

ギミックはもう十分安定していて、時間切れまでのギミックでミスはしないという人のPTです。

こういうPTは、もうギミックの練習ではなく、自分のスキル回しを理想に近づけるための火力詰めをするだけの人が集まっていることが多いです。

ギミックが安定しない人はマジで嫌われるので、自分の力量を正しく判断して入るようにしましょう。

周回は、読んで字の如く、そのコンテンツを何回かクリアするPTです。

大抵、クリアそのものが安定している人で、そのコンテンツでドロップする何かを求めてクリア回数を重ねたい人が集まっています。

間違っても、弱い人を助けるためのPTではないので、未クリアの人はもちろん、練習する目的で入るのはやめましょう。



次に、ロットルールについてです。

本当にトラブルが頻発する所なので、よく覚えておきましょう。

まず、表記としては主に【フリロ、グリ限、取り抜け】というものがあります。


フリロは、フリーロットの略です。

ドロップしたアイテムに対してロットする場合、GREEDやNEED出来るものは自由にしていいというルールです。

IDで装備がドロップした時と同じ感覚でいいです。

GREED出来るものは積極的にしましょう。

ただし、全員が適当にロットしているため、アイテムを入手する人が偏る可能性があります。

一人が全てのアイテムを取っていくということもよくあります。

逆に、自分が全て取ることもありえるので、ギャンブル性の高いロットルールと言えるでしょう。


次にグリ限です。

グリード限定、の略ですね。

武器や防具などの装備品は適正ジョブがあり、ロットに関してはその装備品の適正ジョブでしかNEED出来ません。

そこで、ジョブに関わらず全員に入手する機会を平等に与えようというのがグリ限です。

全員がGREEDならば後は運なので、使用しているジョブでの有利不利は生まれません。

例えば、自分は竜騎士をメインで使っているが、これから別のジョブを練習したいのでそのジョブの装備品が欲しい。

という時になどに、グリ限のPTに入るのがいいでしょう。


次に、取り抜けです。

ボスを倒し、コンテンツをクリアした時、アイテムがドロップしてロット画面が出ますよね。

このロット画面でのアイテムの並び順は全員共通です。

その上で、まず全員左端のアイテムにだけロット(*1)します。

まだ左端以外のアイテムにロットしてはいけません。

全員が左端のアイテムのロットが終わると、誰か一人、ロットの数が大きい人へアイテムが付与されます。

そうなったら、アイテムを入手した人はコンテンツから脱出します。

その後、それ以外の残った人たちで、左から二番目のアイテムにロットします。

そして、誰か一人にそのアイテムが行くので、アイテムを受け取った人は脱出します。

というのを、ドロップしたアイテムが全て行き渡るまで繰り返していきます。

このロットルールのメリットは、フリロで起こりうる「全てのアイテムを独り占め」ということが起こらず、二つ以上アイテムを持ち帰る人がいないため、より多くの人がアイテムを持ち帰る事ができます。


(*1)アイテムが流れるのを阻止するためにPASSを禁止している場合もあるため、記載が無ければ募集主にきちんと確認を取りましょう。



7 - まとめ

いかがだったでしょうか。

なるべくわかりやすく書いたつもりですが、なんせ文字上限の10000文字を迎えそうなので、これ以上丁寧に説明することが出来ません(笑)

本当は動画の方で、図解しながら口頭で解説しようかなと思ったのですが、喋る事が多すぎてまとまらなかったので記事にしました。

最近、記事書いてなかったから文字を打ちたいというのもありましたしね。

ということで!

この脳みそ蕩ける真夏日に、パッチ5.3を迎えるヒカセンの皆々様方。

どうぞご自愛の上、極、幻、並びにストーリーやクラフターなどお楽しみください。





では!





===
Patch 5.25

こっこのTwitterアカウントです。
何か質問や意見、要望、指摘などあればこちらからお願いします。
Twitterアカウント

こっこのYoutubeチャンネルです。
ジョブのスキル回しの解説動画を始めとして、色々上げているのでよければご覧下さい。
Youtubeチャンネル
===



Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles