Personnage

Personnage

I'no Sasura

Le Rouge

Anima [Mana]

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 4

裸部ライブ!リターンズ!!

Public
伝説は、こう始まる。
全ての起こりは「裸」だったのだ、と。

遠い遠い昔、
大きな逞しき闘う人は
裸の輝きにて闇を祓い、
世界を生命(イノち)で満たし、
偉大なるサブリガを生んだ。

光に包まれたイイ感じな時代が続き、
やがてサブリガは眠りについた……。

その後世に生まれたのが……裸部ライブ。




かつて一般人には実装されていない二つのIDに挑んだ者達がいた。
知らない人(大多数)のために説明しよう…。かつて猛者達が紡いだ物語を…。
※リンクで飛ぶのめんどいかと思って、昔の活動記録日記2つに少し手を加えて本日記に載せました(優しさの塊)




本当はヒーラーだけが全裸のはずだった…。
IDに乗り込んだ時はそうだったはずだ。
…だが気付いた時にはほぼみんな脱いでいた(
そうだ…この世は、脱いで戦うか。脱いで死ぬか。それだけなんだ。


爆笑霊殿タムタラの墓所(エキスパート)
【2017年6月20日投稿】

Cliquez pour afficherCliquez pour cacher

さぁ実況は私、イノ・サブリガが務めさせて頂きます(`・ω・´)

おぉっと!早速4人が自らこのIDを選択して登場して参りました!!
ご紹介しましょう!!※名誉の為、名は伏せています(

爽やかなフェイスで剣と盾を握り締め、
重要な胴体は一切守らない解放感溢れる頼れるタンク!

何処のテーマパークから逃げ出してきたのか。
たまに頭が外れて子供の夢をぶち壊すチョコボDPS!

これが帝国兵の真の姿か。特徴的なヘルメットに上半身裸、
下半身はタイツでグローブとブーツの装備は忘れないDPS、イノ!

そして本来の主役。その愛らしいアワレな姿で何を語るのか。
全裸の代名詞的存在になりかねない究極のヒーラー!

以上の4名で繰り広げられるタムタラの墓所!!
夢が広がり過ぎて現実と夢の区別もつかなくなる程、
おかしい意味で勝てる気しかしないこのメンツはどんなドラマを見せてくれるのか!?

おーっと、SSを載せたが最早何処に注目させたいSSか分からないレベルだァ!!
この時、笑い過ぎてほとんどSSが撮られていない為、
言葉によるダイジェストで紹介していこう!

おかしなその格好とは比べものにならない程、
ひたむきに盾役を務め上げるタンク!

チョコボは顔が外れながらも、敵の背骨を折ったりタンクの尻を狙う!!

イノは敵にサブリガを装備させつつ、剣と魔法にカタログを織り込んで戦う!!!

そして全裸なのに敵のサンダーを受け続けたりしながら、
たまに一心に(?)味方を回復するヒーラァー!!!!

…この時の様子を、イノ本人が長々と語ってくれました。

「ホントやばかったです。特にチョコボとか。
真面目に攻撃してるんだなと思いながら見ていると、
唐突に歩き出したりするんです。走るんじゃなく、歩くんです。
そして気付いた時には攻撃してるのかエモしてるのか分からないんですよ。
次に、私自身のことなんですけど…。
敵に急接近するスキルと敵から離れるスキルがあるんですが、
このレベルだと後者が使えないんです。
そのため、急接近して剣で攻撃した後、走って離れるんですよ。
いえ、普通の格好でやるならまだ別に何も思わないかもしれません。
ただ、あの格好でそんな地味なことしてるのが、個人的にツボりました。
それとあとはですn…


い、コメントが長いぞイノ。だから途中でカットだ!
そんなの聞いている内に宝箱からチョコボが出てきた!!
どう見ても宝箱には入りきらないサイズだァ!!!
しかもイノの装備が変わっていやがる!!


その後、最早何処で誰が死んだか記憶にないが無事(?)イカを討伐!
まだまだ勢いがある4人はその格好でイフリートを望みながらレベルレへ突撃。

突入した先は…

タムタラの墓所

二度目だァー!こんなことがあっていいのか!?
これ以上此処に笑いはあるのか!?
そんな不安を抱えながら4人は装備を微調整する!

何故か前回の格好から更にヘルメットをかぶり、
その分手の守りが減っているようにも見えるタンク!

どうして逆になったのか!顔が外れずに胴体が外れ…
首が折れそうな勢いの新式チョコボのDPS!!

遂にタイツまで脱ぎ捨てた。これぞ最強の帝国兵!
赤ゆえにサブリガを履けないと涙を堪えるDPS、イノ!!!

何だか可愛い帽子をかぶって愛らしさが増したそのアワレな姿で何を語る!?
全ヒーラーに、
「こんなんでも大丈夫なんだ」
と希望を与える光のヒーラァー!!!!

リーダーのタンクの「さくっと終わらせよう」という言葉と共に始まった第2回戦!
さくっと終わる格好じゃないということは誰もが分かっている!!
それでも2回目だからさっきよりは簡単に終わるだろうと淡い期待を抱いていたあの頃!!

調子に乗って猛アタックを仕掛けたイノが、
タンクからタゲを引き剥がしてそのまま殺された後…
またもやチョコボが存在感を示していく!!!

明らかに見た目以上に動きがおかしいチョコボ
敵を倒してPTが進軍を始めても動かないことも。
まさか…ここでチョコボを襲っていたのは…

睡魔だァ!!!

こんなネタな格好だろうと2度も同じ場所となると面白みに欠ける
それを象徴するかの如く睡魔がやってきてしまったご様子だ!!

それに気付かず前線にて戦闘開始している我々!
ふとイノが振り向くと、後方で敵の呪術師とタイマンしているチョコボが!!
なんとかチョコボが息絶える前に呪術を倒そうと攻撃を開始したイノだったが、
願い届かず…チョコボは息絶えてしまった。

振り出しに戻されたチョコボと合流し、
改めて進んで、ボスへ。

正直もうイノはカタログ配ることすら忘れている非常事態だ!

さて、ここで簡単に最後のボス戦の流れを説明しよう。

戦闘開始⇒タンクが死ぬ⇒イノにタゲがくる
⇒イノ逃げ回る⇒タンク生き返る⇒タンクタゲを取り返せない
⇒イノ死ぬ⇒(記憶曖昧のため省略)⇒みんなやられてイノだけになる
⇒イノ死ぬ⇒入口へ戻る⇒タンクとヒーラーだけ戦場へIN⇒DPS2名締め出される
⇒結構頑張る⇒ヒーラー死ぬ⇒タンク死ぬ⇒完


という流れがあった気がする。
正直笑い過ぎていたため記憶が定かではないし、前述の通りSSもほとんどない。
そんな調子でボスへリベンジ。
その日のラストバトルは
「みんなベテランじゃないか?(格好以外)」
と言われそうな動きで無事撃破。
裸族…いや、裸部の底力を見せ付けた形となったのだ




その日は、本当はゆっくりするはずだった。
ギャザクラとかをやって、ゆったりと落ちるはずだった。
…でも気付いた時には裸だった。
そう…こいつらと出会った時点で…
私に安息の時などなくなったのかもしれない。


爆笑廃墟トトラクの千獄(エキスパート)
【2017年6月27日投稿】

Cliquez pour afficherCliquez pour cacher

新たなFC、新たなハウスで会議をしている三人。

そんな中で唐突に裸部ヒーラーが電話をかける。

「裸部MT、至急合流されたし」

しばらくして、裸部MTが裸で合流。
脱ぎ遅れた他のメンバーも脱ぎ始める

この時点ではイノはまだ部活動が行なわれるとは思っていなかった。
だが裸部にとってその考えは甘えだったようだ。

シャキィーン!(`・ω・´)
の音と共にレベルレがスタートした。
選ばれた場所はタイトルの通り…

トトラクの千獄

さぁ今回も実況は私、イノ・サブリガです( ・`ω・´)
おぉ…入場して参りました!伝説の裸部メンバァァァー!!!

はじめてのMMORPGなのに最早伝説となりかけている。
仲間より先に自分を守ってほしい全裸なるタンク!

前回のイフリート戦で美味しいチキンになってしまい、
食べられてしまったチョコボの代打として現れた蛮神みたいなDPS!!

まだネタバンの後遺症を引き摺っているのか。
トンガリ帽子スカートを兼ね備えた変態イノ!!!

まだネタバンの後遺症を引き摺っているのか(二度目)
防御薄い後衛なのに更に薄くなる伝説的ヒーラァー!!!!



以上の4名のLIGHT PARTY
そりゃこれだけ鎧もクソも無ければさぞかし軽い(LIGHT)であろう!!
こいつらが繰り広げる、トトラクの千獄(エキスパート)!!
今開幕です!!!((((((((((((((((((((*っ・ω・)っ ブ-ン

流石軽い!軽快に進軍開始だ!!

あれ?タンクが先頭じゃな(

これは…!
明らかにタムタラの時と比べ敵のHPの減りが遅い
そしてタンクのHPの減りが早い!!
これはまずいぞ!本当にクリアできるのか!?

この時の様子を、イノ愛用のサブリガが語った。

「私は赤魔では装備できないサブリガ。
だから一度も裸部の部活動に参加したことないよ。」


ちょっと切ないコメントだけを頂いてしまったぁー!
仕方ないので次へ移る!!

アッー!タンクが死ぬゥー!!
ほぼ毎戦死ぬゥー!!!
敵の猛攻撃に耐えられないっ!!(((( ;゚д゚)))
裸部の力はこの程度なのか!!?

なんとか中ボス(1回目)まで行く。
タゲ奪ってイノが死ぬゥー!
タンクも死ぬゥー!!
みんな死ぬゥーー!!!!。・゜・(ノД`)・゜・。


この時、メンバーは何を思っていたのだろう。
傍から見た人からは、「もう無理じゃないか」
という冷静な意見が出てくるのではないだろうか。
それでも我等は挑み…
赤魔が主に殴られる形でゴリ押し辛勝。



私達「うわ、プリンひでぇ顔」
プリン「うわ、お前らひでぇ格好」

そしてここらから、あの敵が姿を現し始める…!!

そう……

あの敵とは……

睡魔だァー!!!!!

安定過ぎる!!DPSに安定の睡魔が襲いかかっている!
だが今回は間違いなく仕方ない!
新たなFCを立ち上げ、ランクを上げ、
家を建てる
まで努力した後だからだ!!

だから仕方ない…が、
最早夢遊病者の動きだ!!!

完全に立ち止まったりするDPSを気にしつつ、
進軍を続ける裸部メンバー。

口数も少ないというかいつの間にか何も喋っていない!!
そもそも、IDであんなに堂々と歩いている人は見たことがない!
歩くだけならいい…あんなに壁にぶつかりまくるなんて!!
初めて車を運転する人でもあんなにぶつかることはない!!
更にはボス戦でカー君だけ突撃させて、
本人は締め出されるなんてそうそうない!!


中ボス(2回目)を倒せず、
流石に今回は無理だという意見が出る。
開始されるギブアップ投票。
タンクは「ギブアップは嫌だ」
という想いを噛み殺し、同意。


こうしてトトラクにて、裸部初めての敗走である。
悔しさを胸に部員達は去った…。





誰の要望に応えたのか。
誰が要望したのか。
何のために脱ぐのか。
脱ぐために戦うのか。

正直全部よくわからないが、奴らが帰ってくる…。

裸部と呼ばれた伝説の存在。
薄い装備でどこまで行けるかを試す者達。
彼らの伝説はまだ終わっていなかった…。


ああ、しかしいつしか
大いなる災いが満ちる、
祝福されしエオルゼアの地に。

その時、何万年の長きにわたり
眠り続けていた古の戦士達が目覚め、
終わりなき闇と衣類なき光が、ぶつかる。

闇に覆われた悲劇の時代に一筋の光。
神々が匙を投げたこの世界。
彼等は服を投げ捨てても、匙は投げない…。




裸部ライブ!リターンズ!!
Coming Soon...!?



※かつてのメンバーが1人いない為、新規部員を最低1人から捜索中です
Commentaires (4)

Fostex Libenham

Pandaemonium [Mana]

さあ、深き眠りよりさめ
いまこそ立て、伝説の勇者たち、
裸族の戦士よ!

I'no Sasura

Anima [Mana]

★ふぉす様
更なる伝説をここから作り出す…。
一緒に裸族の戦士にならないかい?

Uni' Qoo

Titan [Mana]

裸族楽しそうすぎる!
足りなかったら参加させて欲しいす(本気と書いてマジ)

I'no Sasura

Anima [Mana]

★うに様
楽しいよ!5年越しでも盛り上がれる話題になること間違いなし!(実証済み)
まだまだ部員が少ないので是非とも参加願いたい!
Écrire un commentaire

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles