Personnage

Personnage

  • 0

フロントラインを少しずつはじめて1年になりましたー!

Public
去年の今頃から1年間ちょっとずつ、ちょっとずつフロントラインをやってきましたー!

はじめは踊り子でよく分からないまま、やってきてたけど


それから、リザルトをよく見るようになって

アシストあるけどなかなか与ダメ出せないなーキルできないなー


「与ダメを増やさなきゃ味方に貢献できない!」って思って、いろいろ触ってみて一番使いやすいなーって思った

召喚士を練習してがんばってきましたー!


昨年の秋くらいまでは一人で毎日1回だけルレに行くくらいで、そこまでやってなかったんだけど


LSに入れてもらって、色々な考え方とか指揮がある戦場をたくさん経験させてもらって


ちょっとずつ視野が広がって、少しずつデスも少なくなって高揚も付くようになってきました!


野良戦場だったらリザルトで与ダメ上位にいける時もあったりしました


そんな感じで楽しんでたんだけど

春くらいから
「でも与ダメ出せても、キルできなきゃポイントにならないもんだよねー・・・(´-ω-`)」


って考えて、キルを取りに行こう!!って感じで動くことにしました!


・・・っていってもね、召喚さんバカ正直に真正面にでちゃうと一気に落とされちゃうので


タゲられないように・・・こそこそと・・・タンクさんが前にでて近接さんが前にでる、そのちょっと後にカーバンクルの守りをつけて、横から奥にイフリートで突撃する!そして、落とせそうな人にミアズマバーストを撃つ!!

そして、タイタンで足止めしつつ、撤退!!

軍師さんバーストカウントしてくれる!って思ったらまず範囲打って、LB撃って、イフで突撃して、逃げてる敵に足止めして、ミアズマバーストして・・・


って感じのイメージとにかく召喚だけど前に!前に!奥に!奥に!

全部のスキル使うようになっていきました!

そしたらキルもできるようになってきて、やっと2000キル超えることができました!

1年でどれくらいやったのか正確には分かんないけど

1000戦もしていないので、まだまだ「初心者」です!(`・ω・´)


最近の悩みは~

合わせ戦場?イベント??っていうなんかFL猛者さん達の戦場では


この方法がぜんぜん通用しないんですよねー(´-ω-`)


みんな上手だから、なかなか前に出れない・・・・


こうなってくると召喚さんだとキルがなかなか取れないポイントで貢献できない!ってなるので


最近はちょっとずつ戦士とか竜さんを練習しています!


でも前にでれるジョブになると、前に出すぎちゃって戻ってこれなくなっちゃったり

そもそも、スキルの習熟度が浅くて、ぜんぜん活躍できないことが多いのです・・・


まだまだ練習しないといけないし、できたらもっと上手になれるのかなーって思って


それが今のFF14でのモチベになってますw


最終的にはどうなりたいんだろー?って思ったら


やっぱり軍師さんになって、みんなが楽しめるフロントラインを演出できたらなーって思ったりするんだけど


まだまだまだ全然たりてないので練習しながら

黄金レガシーでも楽しんでいきたいと思います!


あんまりいないかもしれないけど


フロントラインでお見かけしましたら


お手柔らかに・・・??うーんん違うよねw


全力で戦いましょう!そのほうが楽しいですきっとw



あと!ハンドオブマーシー欲しいです!5000キルまであと3000!今年中にいきたいなっ!



ではでは、曉月ではお世話になりましたー!

つぎは黄金のレガシーで会いましょー!


それではおやすみなさい!またです!٩( ''ω'' )و

Commentaires (0)
Écrire un commentaire

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles