Personnage

Personnage

Woder Wonder

Hades (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 1

続)枯木竜吟 BAR73-76 死闘ストーンヴィジルHは初見さん試練のダンジョン!

Public
みなさんお元気ですか?
ナカノヒト、在宅勤務……まぁできないこともない環境には2年くらい前からして用意されているのですが、どうしても自宅では、緊張感がないというか……なんというか……性に合わない。
ただ、そうもいってられない状況になってきましたので、新型コロナウィルス感染拡大防止のため努力したいと思っております。

さて、吟遊詩人ですが、せっせとダンジョンに通いつつレベル上げに精進しております。
ピクシー族の蛮族クエストも、Lv.76になるとだいぶ楽になりました。
一度、バディチョコボをハウス厩に繋いだままにしてしまい死にそうになったこともありました(大汗)

さて、50ダンジョンの「ストーンヴィジルHARD(あの2ボスの砲台での攻撃のところ)について、メモを残しておきます。

■ストーンヴィジルHARD
ここは、ギミックを知らないとつまずくダンジョンの代表格です。
1ボス:ゴリニチ
ともかく範囲攻撃エリアが見えないため、ボスのモーションをよく見て攻撃を避ける。ヘイト無視なところもあるので、全員気合を入れ、ボスの背後をとるようにするといいかもしれません。

2ボス:クカフェラ
ここは、NPCが全滅すると終了となるので、ともかくNPCを守りつつボスを砲撃します。
●砲台の撃ち方を覚えること。
1)砲台をタゲるとEXホットバーを確認。
2)通常弾か雷激弾を選び……
3)L2 やR2にを押さずに○ボタンからのグランドターゲットの出現を確認。
4)Rスティックでグランドターゲットを移動させる。
5)L2,R2等のボタンを離し、○ボタンで発射。
●ボスにフォーカスを入れておくこと。
「超硬化」のバフがついているときはボスに向けた砲撃はしないこと。攻撃が反射してイタイ目に。
●ボスの全体攻撃をいかにおさえるかがカギ。「雷激弾」でスタンさせるか、直接スタン技を入れれば(これは未確認)攻撃を回避できる。ただし、「雷激弾」はリキャストが長いので、奇数回組、偶数回組と2人づつ分けると良い。
●砲撃は近距離は撃てない(グランドターゲットが紫)なので、雑魚エイビスが、メンバーを襲った際は、他のメンバーに排除してもらう。このため、常に他のメンバーの様子も確認すること。

3ボス:ギルヴェガノス
完全ヘイト無視。1ボス同様モーションに注目。側面から攻撃する。尻尾をあげると背面攻撃となるため注意。
途中からもう一体追加されるが、当初に集中攻撃をしつつ2体のモーションを見ること。

何度も全滅して、いやになることもあるでしょうが……最後まで「あきらめない」でがんばりましょう!

クリスタルの導きがありますように!

追伸
吟遊詩人、Lv.76になりました!
Commentaires (1)

Silvune Vilia

Pandaemonium (Mana)

吟遊詩人は立ち回りが華麗ですよねー
最初、なにする職業なのだろう?と疑問に思ったものですが、まさか弓矢を操るとは・・

というわけでやっぱりDPSは忙しい忙しいですね
私は必死に杖を振り回しているのですが、職業違うとこんなに奥深い立ち回りなのかあ。
勉強になりました 杖磨いてサポート頑張ります。
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles