Personnage

Personnage

Woder Wonder

Hades (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

質実剛健 GNB63-65 ゴロゴロゴロリン……

Public
いきなりすごいタイトルですが……ダンジョンでよく転がっていたので……そのレポートをしたいとおもいます。

【1】防御バフのタイミングがズレてチーン!
→タンクたるもの先頭切ってメンバーを先導し敵のヘイトを稼いで敵を釘付けにするのが役割です。
当然、敵に囲まれればボコ殴り状態にされるわけですが防御バフを使ってそれを最小限に抑える耐えることになります。

しかし、無駄に複数バフを使うほどでもない場合や、むしろ使わなくてもさほど痛くない場面もあるため「温存」「とりあえず」「フルバフ」を随時判断しなくてはなりません。

焦ってしまうと、つい「フルバフ」状態にしてしまい、その次の攻撃耐えられず、ボコボコにされてしまうことになるのです。

まぁ、熟練のヒーラーさんがいればそれでもなんとか持ちこたえてくれますが、あまりに無謀な斬り込みしてしまうと、ヒーラーさんから叱られるので注意が必要です。

【2】敵のAoE(Area-of-Effect:効果範囲)を踏んでチーン!
→タンクたるもの……

◆FC(TFOA)マスター語録
「一度敵を固定したら動かざるべし……」

これは、我がFC(TFOA)マスターのタンク極意の一つです。
したがって、敵の発するAoEを味方メンバーに当てないように位置取りをしなくてはなりません。

しかし、あまりに壁際までいってしまうとカメラ視点が「どアップ」になってしまいパニック状態になり、おなじみ床に表示される範囲攻撃エリアを避ける場所もなくドーン!
素早くカメラ視点を側面や頭上へ移動しAoEを見極め、敵リストからスタンできる技が発動していればすかさずスタンを入れることになります。

ところが……

気になる若葉マーク(初心者)のDPSさんやヒーラーさんを「かばう」や「オーロラ」をかけようとメンバーリストも気にしていると行動が遅れてしまうことがあるのです。

さらに……

追加の雑魚が湧くと、ヘイトをとろうとあちこち動き回ると……もう大変。
(DPSさんが湧いた雑魚に速攻、攻撃仕掛けたり範囲焼きに入れたりしたら、もうパニック)
結局、防御バフで耐えるAoEを耐えるしかないのです。

【3】ギミック処理失敗でチーン!
→「死の宣告」「動作感知ジャマー」「加速度爆弾」……が表示されるとそれだけであたふた。特定のタイルを踏んだり、ヒーラーさんにHPを満タンにしてもらったり、動かず止まったり……等その対応方法はそれぞれですが同時にAoEがくるとついつい焦ってしまいます。

また、自分で対処できるものと、ヒーラーさんに手助けしてもらわなくてはならないものの見極めもあります。
まぁ、一度イタイメに合って実感してみないと理解ができないかもしれませんが……。

しかしながら、この攻撃のタイミングが嫌らしいほど絶妙で、しばし我慢をしなくてはならず「ぐぬぬぬ……」とナカノヒトが叫んでしまうのは、私だけかもしれません。

もちろん、このほかにも誘導ミスによるものやDPSチェックが届かない事でチーン!なってしまうことやらいろいろあります。

◆FC(TFOA)マスター語録
「ぐだぐだ言う前に……やってみなよ」

というのが正しいようです。

というわけで、これからもゴロゴロしていきますが、どうぞよろしくお願いいたします。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles